×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第1話 恐怖体験その2(1/3) としぱん  
お久しぶりです。恐怖(不思議)体験その2です。今回は恐怖でも何でもないので、3話ほどまとめて書き込みます。

<その1>時間のズレ。
やはり中学生の頃の話です。
当時の私は、土曜日の朝7時から始まる30分間のローカル番組を見ることを習慣としておりまして、
電源スイッチを布団から押せるような近さでTVを置いていました。(目に悪いけど)
まだ学校が完全週休二日ではなかった頃です。
土曜日の朝、目覚しをかけ忘れた私は、時間確認の為、慌ててTVのスイッチを入れました。
時計は「7:12」になっており、いつものアナウンサーがいつものローカル情報をリポートしていました。
格子柄のシャツを着ています。
学校へは8:00に出て間に合います。安心した私の意識はそこで途切れ・・・
次に気がついた時、私はパニックになりました。
「寝過ごした!」確実に30分以上は経過していると思いTVを見ると、電源を入れたはずのTVが消えています。
恐る恐るスイッチを入れたTVは、「6:49」いつものローカル番組の一つ手前のニュースが流れていました。
私は一瞬、なにが起きたのかわかりませんでした。時間が逆戻りしていたのです。私は、「7:12」を待ちました。
いつもの番組が始まった時、私は唖然としました。アナウンサーがさっきと同じ服で画面に現れたのです。
『おはようございます!』
そのアナウンサーは、毎週衣装が変わるのですが、先程とまったく一緒でした。
ちなみにTVにビデオはついていません。
(昔の事ですので正確な時間と服装はうろ覚えですが、とにかく一致していました)