×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第41話 血染めの手形  I  山梨県在住 マンガ家
この話は、昔僕が通っていた「中学校」で実際に
あった出来事です。しかし、その「古い校舎」も今は壊されて
そこには「新しい校舎」が建て替えられました。
僕が学んでいた頃の校舎は、「木造建築」でガラス窓には
隙間があり、「冬などは とても寒い」想いをしたものでした。
 
その校舎を建てている時に、「事故」は起きて仕舞いました。
一人の大工さんが、一息付こうと腰を下ろした瞬間に、なんと10メートル
下の「コンクリート床」に転落して仕舞ったのです。その時の話によると
大工さんの頭は、まるで「ザクロのように割れて」血が吹き出したまま、
「仲間のいる所まで」はっていったそうです。しかし、力尽きてしまい
最後に「自分の手を」校舎の壁に、つまり「血染めの手形」を押して
その場所で亡くなったとの事でした。なんと、その「血染めの手形」なのですが
見る角度によつて、人の顔にも見えたのです。亡くなった「大工さん」は、
学校のグランドの隅に、仲間の「大工さん」の手で手厚く、埋葬されたと聴いてます。
昔の事なので、はっきりした事は分かりません。ただ、その埋葬された所には
「桜の木」が植えてあり、花が咲く季節には他の「桜の木」と異なって、
その一本だけが「花びらの色が」まるで、「埋葬された大工さんの血」を吸って
大きくなつたように、「赤い花びら」でした。その後も、しばしば生徒の間で
「亡霊や黒い人影」を目撃したという噂が広がり、改築したとも聞いています。
 
よくある話で、お墓を更地にしてそこに家を建てたため、「原因不明の災難」に
遭遇してしまったと言う話も聞きます。くれぐれも、「土地を買う時」や
「家を建てる」時には、しっかりと調べた上で購入した方がいいようです。
第42話 五月 
ども!知です。おひさし振りです。
今年の春休みに友人と大阪にある五月山に行きました。まぁ〜いわゆるハイキングです。
俺の友人も霊能力があって、山のいたるところに、
いろんな動物霊や怨念、自爆霊もいました。
霊を成仏させるのは、とても大変です・・・・・。
第43話 私のざんげ 
私は若いのですが、神経痛もちでマッサージや針灸に通っていました。
何回も場所を変えて通ってるうちに、不思議によくなる所を見つけました。
Sさんという未婚女性の針灸師さんです。
Sさんにやってもらうとすっとよくなってしまうのです。それででそこへ行った後はよりつかなくなります。
半年1年たつとまた具合が悪くなってきてSさんの針灸を受けるという繰り返しでした。
そんな時Sさんが言ったので知ったのです。私と同じようなことを言うお客さんが沢山いることを!
そしてSさん自身が体の調子が悪く家庭的にも不幸ということでした。
それを聞いて私はSさんが治療で他人の不幸を吸いとっているという気がしました。
他人の不幸病気を背負ってしまうそんな体質の人っているんじゃないでしょうか?

第44話 産婦人科で 雷娘。
うちの姉さんが出産した国立病院の産婦人科で、出産で亡くなった人がいたそうです。
赤ちゃんだけはなんとか助かり、そして未熟児なので未熟児用の部屋に入れられていました。
その部屋に夜な夜な亡くなったお母さんの幽霊があらわれて、
みんなパニックになったそうです。
気持ちはわかるからって、もらい泣きしたそうです。


第45話  叩くもの 吉野屋マン
そう言えば自分にもありますねぇ・・・・・
今となっちゃうそっぽいけど

祖父の家に出かけに行ってその時にみんなでテレビを見ていたら、
居間と玄関をつなぐ戸が網戸にガラスをはった感じの戸で、いきなり「バンバン」とたたかれたんです。
そのたたかれた戸が透きとおってなくてざらざらしたガラスで
うっすらと小3くらいの白いTシャツを着た片手が見えて、
「誰かが脅かしたんだな」
と思ってあたりを見わたしてみると、みんながちゃんと揃ってるんです。
そのときはゾォーーとしてすぐ戸をあけようとしたんだけど、怖くて出来ませんでした。
玄関の鍵がかかっていなくてもそのときは8時頃で近所の子が外出するような時間で無いし
結構大きな音なのに誰も振りむかなっかったし、なんか気味が悪かったです。


第46話 見えてしまう ☆(主星)
初めまして、怖くはないのですが、最近変な幻覚?が、見えるんですよ。
飲み物をとりに行こうと、台所に行くと、
レンジの上に、濃い肌色の裸の赤ちゃんがこっちを向いて寝そべっていたり、
部屋の電気も付いているし、テレビも付いているのに、透明の丸い玉のような
物体が、フワフワ浮いていたり・・・あっ、変な薬なんかは、
絶対やってませんよ!!
変なのは夜中の暗闇よりも、電気をつけている方が多く見えるって
ことなんですよね。
知り合いに話すと「疲れているんだね。」って、同情されてしまいましたが、
自分では疲れとは思えなくて・・・こんな体験したことある人、居ませんか?
第47話 不吉な夢 たくろう
釣り好きの私の友人から聞いた本当の話です。
友人は月に1度の釣りが趣味です。
たいてい暗いうちから釣りに出かけていたのですが、その日は天気が悪かったのです。
その前の晩のことです。
友人のお母さんが「荒れ狂う海面に投げ出され、手を上げて助けを求めている」
というとても不吉な友人の夢を見たそうです。
今までそんなことを言ったこともなかったのに「今日の釣りはよしなさい」と止めていたのです。
友人は強引に出発しました。海は荒れていました。友人達のチャーターした船はなぜか強行出発しました。
その結果、船は転覆して海上保安合庁のヘリコプターが出動する騒ぎになり、
友人はヘリコプターに救助されました。
第48話 電気の紐 美夜
あんまり恐くない話ですが、寝ようと思って夜中に布団に入ると、真上に電気があるんですが、
その電気に付いている紐がいきなり揺れたんです。
揺れたと言うよりは、なにかが当たったようにビュッとなったんです。
窓もドアも開いてはいませんでした。
絶対に見間違えではありません!

第49話 連れてきちゃった ゆき 佐賀県
久しぶりのカキコ♪って音符付けてる場合じゃないけど。
おととい友達と久々に遠出したのよ。
でね、店を出るとき霊感の強い友達がイキナリ
『…いるよココ。』って言ったの。それは私にもわかった。
だけど次に行った店は半端な数じゃなかったと思う…。
その娘より霊感弱い私でも本当に怖かったし。
てゆーか後ろにいたってゆーか…。マジで。
私が連れてきたのかな?って思ったりもしたけどね。
それで店を出たんだけどなんかマダいる気がしたのね。
まぁ、気にしなかったけど。で、家に帰ったわけよ。
それからは何も変わった事はなかったんだけどさ。
普通に自分の部屋で過ごしていつものように寝たし…。
でもね、2時頃かな。目が覚めたの。意識はハッキリしてた。
その時点で何かを感じてたしね…。
何気に足元を見ると女の人がスーッと消えていった。
そこまで怖くはなかったし被害だってうけてない。
なんだったのかな?やっぱ私が連れてきちゃった?

第50話 お持ち帰り ゆき
あーあ。やっぱ私憑かれやすいわ。(笑)
3日間ね、学校で宿泊研修があったの。そこで私憑かれちゃった!
女の人が左肩に乗ってた。重いわ。カナリ。
けど冗談で先生あげますよ〜って言って男の先生にくっついたらその先生に移っちゃった。ゴメンなさい…。
何かその先生も憑かれやすい体質だったみたいなんだよね!!!
友達は男に憑かれちゃって重くて大変そうだったの。
その男は名古屋城博物館から連れてきちゃったみたいなんだけど、何故か船の人だったんだよね。
被害はなかったみたい。重いだけ。やっぱ霊感ある人頼ってついちゃうのかな?
でも私みたいにお持ち帰りはちょっと嫌だよね!!!
怖くはないんだけど。慣れたってい
うか。そんなカンジで。